読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の泡

書きたいときに書きたいことを書きます。

2015年上半期現場まとめ

お久しぶりですこんにちは。

2015年も下半期に突入したので現場まとめを…しようと思っていたんですが、気付いたら8月に突入していました…。7月中に更新するつもりだった…。上半期とは…。

 

去年はまる1年分の現場を年末に振り返ったのですが、今年は東京に越してきたこともあり、上半期の時点で行ってきた現場の数が去年の現場数を越えてしまったので、記憶のうすれないうちに半年ぶんの振り返りをやってしまうこととします。

自分で書きながら東京に越したことと半年で1年分の現場に行ったのがイコールで繋がらないことはわかっています…。

 

まず、2015年上半期は64現場で、ライブ8、テニミュ関連13、アイドル関連4、CHaCK-UP11、観劇29(SPECTER DVD発売記念イベントふくむ)でした。

前回とおなじくひと月ごとに振り返ってみます。

 

自分がすきな演目にたくさん言及があったらうれしいよね! という気持ちで感想に比重を置いてまとめたら文字数が14kこえてびっくりしたので、自分の読みたいところだけ読んであとは読み飛ばしたり、ひまでひまでしょうがないときに読んだりするのがただしい読み方だと思います…。

 

 

◎1月

0112:People In The Box@東京

・ピープルワンマンが今年のライブはじめでした。そういい整理番号ではなかったのですが(しかも整列にちょっとだけ間に合わなかった)、いいかんじに最前にはいれて幸先のよい現場はじめだったと思います。

わたしの初ピープルワンマンで観たヨーロッパを彷彿とさせるよいヨーロッパが観れたみたいです(すでに記憶があいまい)。

ライブ自体はとってもよかったんですが、この日はその日に発表された翌日の裏ファイナルと、そのチケ発が地獄すぎて、お通夜のようなおしゃれダイニングバーのことばかり思い出してしまいます…。

取りたいチケットが取れず、ついかっとなったわたしはCHaCK-UP本公演のチケットを取るのでした…(翌日に続く)。

 

0113:CHaCK-UP

・ついかっとなって購入したCHaCK-UPチケットですが、フォロワーさんが数日前に大絶賛していたのもひとつのきっかけでした。おそらく12日にマチソワであったなら、ピープル前にも足を運んでいたのではと思います。

その結果はこのひとつ前のブログ記事を読んでいただければわかると思います。

このあとの半年弱で、わたしはCHaCK-UPの現場にもう10回行くこととなります…。

 

0131:真田十勇士@名古屋(昼)

・三津谷さんの一輪車目当てでカジュアル中日劇場の真田十勇士、みんなで力を合わせて戦う戦隊もの的な血湧き肉躍る作品がすきなわたしはとても盛り上がりました…! 仲間が全員集ってばん! ってきめたときの高揚感ってアイドルソングのイントロがばしっときまるときの高揚感に似てる(つまり興奮して涙腺がゆるむ)。

すこーしお高いチケットではありましたが、1幕の時点でかなり満足感がありましたし、もちろん2幕もすばらしくて…親子ものに弱いわたしは泣かざるをえませんでした…。あとで見せてもらった初演のDVDもカメラワークがまるでもともとそういうテレビ番組だったかのような臨場感と躍動感のあるつくりですごかったし、DVDほしいな…。再演もDVDにしてくれ…。

三津谷さんの一輪車に客席がわいたのも、勝手にドヤ顔できてすごくうれしかったです。

 

 

◎2月

0213:ミュージカル「テニスの王子様」@東京

0214:ミュージカル「テニスの王子様」@東京(昼)

・はじまりましたミュージカルテニスの王子様3rd season 青学vs.不動峰

自分の知っていたvs.不動峰公演とも、自分の知っていたテニミュともちがう内容の公演で、すごく混乱しながら、でもおもしろい!!! とか言ってました。

12月の3rdキャストお披露目では定点対象をいまいち見つけられなかったわたしですが、プレビュー公演からどんどん菊丸先輩に惹かれていきます。関節がやわらかい! かっこいい! かわいい!

青学では菊丸先輩の、不動峰では伊武のダンスがすきです。

 

0214:完熟リチャード三世@東京(夜)

・去年の河童ぶりの吉祥寺シアターにて完熟リチャード三世、ガールズナイトのアフターパーティーに度肝を抜かれたのでそっちの記憶のほうが鮮明にのこっているかもしれない…。生命力爆弾。

本編で、まるくおさまったエンドっぽい雰囲気になってるのがぜんぜん理解できなくて、隣のお姉さんがリチャードのことdisるの聞きながらしくしく泣いてたらアフターパーティーでシャブぶっかけられたみたいなかんじ。

完熟リチャード三世をまた観たいのはもちろんだけど、あのアフターパーティーにもまた行きたい…。

 

0217:CHaCK-UP

・そして必死のチケ発で手に入れたCHaCK-UPのファンミです。

今までファンサに必死になる気持ちってあんまりわからないつもりでいたんですが、ちゃっくちゃんをきっかけにファンサほしさがぎゅんぎゅんきています…。あの規模感がひとを狂わせるよね…。

ドット、キャップ、ヴィーちゃんの「ね~え?」カバーがマジマジすっげーやばかったです。キャップのきゅるん顔、DVDにもうまいこと収録されなかったのであのときの視界を取り出してまた何回でも観たい…。

 

0217:ロマンス2015

・完熟リチャード三世がよかったのでカジュアル観劇を決めたロマンス2015は、下ネタ耐性ないわたしにはちょっとつらかった…。ずっとえっ? なんで? とかってびっくりしていた。

あと水着のしげると水着じゃないしげるが途中まで別のひとみたいに見えてて混乱しました。人間を見分けるのが苦手すぎる。

競泳水着のいけおかがびっくりするくらい海堂体型だったので、これをオーディション時に(おそらく)着衣で見抜いたテニミュの運営のひとはすごいなと思いました。

 

0226:cinema staff@名古屋

・引越し前ラスト現場はシネマでした。パスピエとシネマの2マン、名古屋クラブクアトロにて。

名古屋から東京に出て行った彼らのライブが名古屋ラスト現場だなんて、なんだか暗示的だなぁなんて思いながらtokyo surfでぴょんぴょんしていました。

対バン相手のパスピエ(ガールズバンドだと思っていた)もはじめて聴いたけれどとってもよかった。ボーカルの女性が客席の視線を集めるのがうまいし、ピアノっぽい音の鳴るバンドがすき。

よい引っ越し前現場納めだったなと思います。

 

 

◎3月

0304:地下室の手記

0306:地下室の手記

・この舞台のために仕事と引っ越し日程を調整したと言っても過言ではない。TLで見かけてずっと気になっていた舞台でした。

自意識の話なのだけど、見ながら自分の自意識も過剰になってて、えっそこで笑うの? とか客席にたいして思ったりしていた。

「俺の人生に踏み込んでくんなよ!」って主人公のセリフがわかりすぎてつらいのでつらい…。感情が動くのは現場関連のことだけでいい、って思うことがけっこうあるのですごくわかる~~~つらい~~~~~

ただしあそこであの主人公に助けを求めるりさちゃんの人生は絶対に踏み込んではいけない人生だ…。

 

0312:舞台「弱虫ペダル」@東京

・フォロワーさんのマジマジすっげーチケ運のおこぼれに預かれたペダステ楽しかった! 全氷で言うとずっと跡部リョーマ戦みたいなかんじ…。陣形移動とかがすごくスムーズだし、こぎかたにキャラクターがでてて、すごい…すごい…ってなってた。

キャラクターで言えば巻ちゃんと真波くんがすきだったけど、舞台上では東堂さんのうつくしい脚にめちゃめちゃときめいた…理想の脚…。ふくらはぎの真ん中くらいまでの白ソックス履いてください、ブレザーで。

次行くときはちゃんとキンブレ持って行きたいです。ラブリーチャンスぺたんこちゃん!(8/10現在次回公演のチケットがありません)

 

0313:遠ざかるネバーランド

・つらいつもりで行ったのに行ったらもっとつらかったネバラン…。

いつかここだって思える場所が見つかるなんてぜんぜん思えない人生なので、見ても希望なんてうまれないし、わたしにとっての少年なんてどこにもいない…。

母娘関係によわいのもあって後半ずっと泣いてた。もう一回観たいけどもう観たくないです。

 

0314:テニミュ全国立海縦断

・いつものトークイベントです。この日いちばん印象にのこってるのは「味方ベンチあっためてたじゃん!  あっためる! あっためる! あつい! あつい!」って椅子たたきながら熱弁して、「誰だよスイッチ入れたの…」って言われてたおごえさん。

 

0315:タイタニック(夜)

・TLの各所で絶賛されていたタイタニックですが、いまいちぴんとこなくて、人生経験が足りないためにわたしたちは物語にはいりこめないのでは? という話を終演後にご飯食べながらしました。

群像劇すぎてどこに焦点をあわせたらいいのかわからなかったし、愛するひとを失うつらさみたいなのにも感情移入できなかったし、加藤和樹さんなどの船の運営側のひとの気持ちもあんまりわからなかった…。

古川さんがうつくしすぎてハッピーでした。気品がありすぎてモブになれない古川さん最高でしかなかった…。ダンスシーン最高だ…。

 

0318:SPECTER

0319:SPECTER(昼夜)

・東京に越してきてからはじめての遠征が大阪遠征、というのはまるで予想していませんでした、が、TRUMPシリーズは追いかけざるをえないので詰め込み3回まわししました。

TRUMP→LILIUM→SPECTERときて、どんどんシリーズの行間がつまってきているのを感じます。このシリーズの主人公はソフィなのかなとか思う。いや今更なのかもしれないけど、わたしはTRUMPでは別のひとにずぶずぶきていたので…。

ぱっちの子は殺陣に迫力あってすごかった。あとみんなナベプロ顔で鼻がギャッとしていた(なかなか伝わらない日本語)。

終わってからめちゃめちゃ考察語り合ったりパンフ読んでじたばたしたりしたのがたのしかったな~。

 

0320:ミュージカル「テニスの王子様」@東京

0321:ミュージカル「テニスの王子様」@東京(夜)

・プレビューが本公演になったらめちゃめちゃパワーアップして、さらにすごくたのしくなった…!ずっとにこにこしてたし口の中ちょううるおった。

財木くんの手塚が人間とおりこして手塚になってて、柱シーンですごくハッとしました。手塚だ! って思った…。

菊丸先輩の音はめが最高で最高…。

 

0323:漂泊(夜)

・めちゃめちゃつらかった。

わたしの母はあそこで描かれる母にわりとちかいところがあるので、もうとにかく穏便にことを運びたい気持ちでいっぱいだった。

感想を話そうとするとどんどん個人的な家族の話に寄っていってしまう、でもほかのひとの感想をすごく聞いてみたい舞台。

 

0324:NARUTO@東京

・休憩はいったときとか、終演後とかに客席がすごく盛り上がるのがきもちよかった…! みんな原作がすきで、そしてこの舞台もすきになってくれたんだなってうれしかったです。

2幕中盤の演出(サスケくんのお兄ちゃん回想らへん)がいまいちなじまなくて、(これは…ほも…?)ってなってました。

サスケくんのふくらはぎがすきだ…。はあ…すき…♡

 

0326:ふしぎ遊戯(昼)

・俺たちの戦いはまだはじまったばかり! ってかんじでした。

原作まったくの未読で、登場人物の名前も読めなかったけどおもしろかったです。

あとは謙也だ…ってなったりヴィーちゃんだ…ってなったりしてた。染様もいっけいさんもお顔がきれいだ…。

 

0326:ミュージカル「テニスの王子様」@東京

0330:ミュージカル「テニスの王子様」@東京

・カジュアルチケット増やしテニミュだったりラスト青年館だったり。

石田隼くんがカーテンコールのとき、客席見渡してから二歩ほどさがっておじぎするのがすごく大石だと思う…。

東京楽は財木くんのゆるふわ挨拶がかわいかったです。

 

0331:SKE48@沖縄

沖縄行きたさでチケットをとったSKE全国ツアー チームE公演沖縄!

客席が中央通路のすこしうしろだったんですが、1曲目でゴンドラみたいなのからばん! って登場したあかりん(と玲奈ちゃん)をとらえた瞬間涙腺がじゃばじゃばになった…。笑顔で登場するだけで涙腺がじゃばじゃばになる女の子は須田亜香里ちゃんだけ!

思い出以上のあかりんは情念ってかんじがしてすごくすきです。

 

 

◎4月

0406:サイケデリックペイン

バンドもののおごえさん主演舞台! と思って行ったんだけど、思った以上にトンチキで????? ってなってた。たぶんこれはわたしもう1回観ないとわからないやつ…。

あと茅野さん演出はAKB49でのどつらそうなあかりんを見てシュンってなったことを思い出すのでちょっとつらいです。

ライブシーンもっと立ち上がりたかったな~。

ふともも おっぱい 腹筋

 

0412:SKE48全国握手会@幕張メッセ

・沖縄よすぎて増やした全握…。

あんまりひとがいなかったので、1枚使う→レーン並ぶ→また1枚使う、で会話の続きができた…。こういうときあかりんの記憶力にびびるし連続した会話は準備してないのできょどる…。

髪のびたね! と言われたのがすごく破壊力あって脚ががくがくしました。

 

0416:宝塚

・現場通う系のひとになってからはじめての宝塚!

夢咲ねねさんがこの世のひととは思えないくらいうつくしくてありがたさしかなかった…。

男性(男役)優位の世界にややもやっとしたりしましたが、もっといろいろ観てみたいという気持ちがつよいのでまた行きます宝塚。

 

0419:ミュージカル「テニスの王子様」@名古屋(夜)

・帰省テニミュ。たった20日程度観ないだけでみんな成長してて最高でした…。

ウェーブをきちんと後方席で観て、ニューウェーブ感じました。最高でした。

菊丸先輩はラリーインストにも音はめしていて最高。

リョーマくんには生まれたての爆発力がある…。

テニミュ行きはじめてからはじめての座席当選! 桃ちゃんでした。

 

0422:pnish

伊坂幸太郎の原作がけっこうすきだったのでカジュアル観劇だったpnish。

フォロワーさんが、今このタイミングで魔王をやることに意味があるんだと思う、とpostされていたのを思い出しながら、なるほど~~~ぬぬ~~~~~となった。

原作のことはほとんど忘れていたので、あっこういうこと伊坂言いそう~なんて思いながら観ていました。小説読み返したいなぁ。

 

 

◎5月

0501:でんぱ組女性限定公演@横浜

・メィーがしばらく前からはまっていて、誘われてついていくかたちになったでんぱ組、めちゃめちゃ楽しかった。アイドルは最高。

メィーのBlu-ray見ながらりさちゃんかみりんちゃんかなーと言っていたけど、パフォーマンスがすきなのはみりんちゃん、ガチ恋枠はりさちゃんという結論に至りました。

生で観てからスイッチがはいったのか、お家に帰ってきてメィーとまたBlu-ray見ながらしくしく泣いてたのが我ながらちょっとあたまおかしかったなと思います。

アイドルは最高…。

 

0502:SKE48全国握手会@横浜アリーナ

・沖縄がよすぎて増やした全握その2。

この日はひとが多くてとても疲弊した…。でもあの事件以来はじめて全握のミニライブ復活の日で、やっぱりライブがあるといいなーと思いました。

あかりんの腕の表現が、しなやかで指先まで神経の行き届いたバレリーナの動きなのでとてもすきなのだけど、それを伝えたときにあかりんにはいまいち通じなかったので、みんなもっと見つけてほめてあげて…と思った。なんでわからないの!?

 

0507:Plastic Tree

・ばんぎゃる筋の衰えを感じた久しぶりのプラ…。とても久しぶりに本気の折りたたみをしたらあたまがくらくらしました。

疲れるとアイドルソングとキャラソンしか聴かなくなるせいで、最近ろくに音楽を聴けていなかったなぁと感じたし、またちゃんと音楽聴きたいなと思いました。

アキラのギターがすきだなとあらためて思う…。あのさみしさ…。

空中ブランコもアンドロメタモルファーゼもいまだに武道館のこと思い出します。シングルのツアーだと以前の曲が増えるぶん、そのぶんついてくる思い出も多い…。

 

0508:NARUTO@東京

・二回目のNARUTO、人生2回目の誕生日現場。

もう東京公演も終わりかけなのに、相変わらず休憩はじまった瞬間や終演した瞬間にぶわっとわく初日みたいな盛り上がりかたをしていて、もっと長い間公演ができたらいいのになと思いました。

でも前回原作未読だったから気付かなかった忍術のグレードダウンみたいなことにもちょいちょい気付いてしまって(あの規模の舞台でできる限界みたいなことです)、それはちょっと残念だった…。

2幕途中からだんだん脳が死んできてサスケくんのふくらはぎのことしか考えられなくなる…。

ヒナタちゃんの合法ロリ感がすごい。シカマルもっと活躍してほしい。

 

0512:cinema staff@千葉

・上京してからはじめてのシネマ。ただし千葉。

カジュアルに譲っていただいたチケットがまさかの最前圏内で、はじめてのシネマ最前でした…。視界がいいと気が散らなくていい…。

海なし県で育ったみしまと、海までチャリ20分の田舎で育ったわたしとでは(どちらも田舎だろうけど)、おなじ東海圏でも海についての意識がちがうんだなぁとあらためて思いました。わたしの自由はどこにあるんだろう。

望郷する側になったわたしは、けれど故郷への愛着がたぶんみしまほどなくて、だからみしまみたいに故郷を懐かしむ気持ちはいまいちまだわからない…。

 

0513:もっと、超越したところへ(昼)

・前回の月刊根本宗子の評判がとてもよかったので気になっていた根本宗子、めちゃめちゃ情報量が多くてあたまがふらふらしました。

すごく強引に納得させられた感があって、最後、えっ!? いいの!?!?!? ほんとに!?!?!?!? ってなった…。いろいろ納得できないことがあってもこのひとがいないよりはずっといい、みたいなのわかるけど、でもフィクションとして見せられるとわからないのかもしれない。もっときもちよく終わりたい、でもこの気持ち悪さがいいのかもしれない…。(混乱)

男の人はいろいろ棚上げにしたりなかったことにするのが上手だなあ! と感じた…けどそれはおたがいさまなのかもしれない…わからない…。男性と笑いどころがいまいちちがくて…。

土屋シオンさんの世界の終わり感めっちゃすごい。

 

0513:ミュージカル「テニスの王子様」@東京凱旋

0515:ミュージカル「テニスの王子様」@東京凱旋

0517:ミュージカル「テニスの王子様」@東京凱旋(昼夜)

・13日は修学旅行生がいると聞いてチケットを取ったテニミュでした。男子高校生が、キャラがわからん…と言ってるのを聞いてジェネギャを感じたり、女子高校生がリョーマくんの生写真買って戻ってきたのにありがたさを感じたりしました。願わくはもっと近くの席に座ってもっと聞き耳をたてたかったです。

柱ラリーちょうきもちいいし、神尾がクイックモーションのサーブの次のサーブ打つ前にラリーインストにあわせてステップ踏むのがめちゃすき。

15日はフォロワーさんがテニミュ来るって言うから軽卒に増やしたやつ…。お見送りで桃ちゃんにドーンしてもらったらすごくアイドルアイドルドーンであっ…これは…ガチ恋枠…ってなった。夢小説みたいだった…。

そしてワーイってなって17日前楽増やして、譲渡探しながら大楽の譲渡も見つけて、連絡して、はじめてのテニミュマチソワ…。テニミュをマチソワするのは氷帝が来てからって言ってたのに、マチソワ…。

はじめての大千秋楽は、終演後に舞台上のテープをはがす音が聞こえてくるセンチメンタルテニミュでした。乾汁飲むリョーマくんにめちゃめちゃよだれでた。

「今の俺たちに限界はない」ってほんと最高の歌詞だ。テニミュ最高だ…。

 

0521:People In The Box@名古屋

・3月にはじまったピープルのツアー、初日の渋谷はずれたので名古屋でようやく来れましたがとってもよかった…。

「やあ みんなどこから来たんだ」って言う波多野さんがすごくこわい目をしていたから、ああここで死にたいなって思ったのだった。今ここで死ねるPeople In The Box

スルツェイからのJFKを聞きたいってずっと言っていたのだけど、スルツェイからのヨーロッパが聞けたので夢が1/3くらい叶いました。でもファミレコ曲順通りあきらめたわけではないです。

ちょっと前まで、名古屋とか岐阜のピープルは「健太! 地元だよ健太!」みたいな波多野さん大吾マンと、「地元! 地元だ!」みたいな健太が最高だったけど、健太がいい意味でほぐれてきたせいかそういう空気感はあんまり感じなくなりましたね。

 

0522:ガランチード

・三津谷さんがめちゃめちゃ歌うし踊ると聞いてへいへいっとチケットをおさえたガランチード、三津谷さんの身体のつかいかたが最高にすきだって再確認できた…。ダンスや殺陣のクオリティがすごく高くてすごかった。

でも同じ事務所の男性だらけで1幕はやまだくんとあらいくんがおなじひとに見えたり、たかはしりゅうきさんと柳下さんの認識がうまくできなかったり、だいぶ混乱しながら観ていました…。休憩中にポスター確認してなんとかした…。

柳下さんの役のひとが突然死ぬのが突然死ぬタイプのうすいほんにしか見えなくて、必然性のない死!?!?!? ってなった。あれなんでしぬの…?

みつやさんのいらおこ顔けっこうすきです。

 

0526:CHaCK-UP(17時)

0527:CHaCK-UP(15時/18時)

・ずっと待ってたちゃっくちゃんのETL! Earth Trial Liveの略ですよ!

初日はライブ前までがぜんぜんだめな日で、今日はマルにレスもらわないと帳尻あわないよ~~~~! もうやだ! とか言ってたら、まさかの通路前席でちゃっく登場と同時にキャップの風をかんじてヒャン…ってなったりマルに最後のワンハーフ銀河伝説で「地球のアイドルにね!」もらえた気持ちになれたりポミィちゃんと目が合ったり盛りだくさんでやばかった…。

1時間がほんとうに短くて、でもぎゅっとつまってて最高で、最高…。

2月のファンミーティングでMCに登場していたネタの続きが披露されたりとかしていて、あっ続きの話なんだ、お話としてきちんと作られてるんだ…ってあらためて思ったりしました。MC誰が考えてるのかな~ ミノルとかかな~?

今回SOJ学園校歌でキミちゃんとミノルくんが出てくる演出があったんだけど、そこでのキミちゃんがほんと自由でかわいくて最高だったし、このひとがキャップやってるの…やばい…みたいな気持ちにもなれて最高だった…。

マルのね 笑うと逆三角形になるおくちがかわいいの…

 

0529:女のみち2012再演

・賞味期限切れAV女優ものの舞台と聞いて、ずいぶん前からメルマガ登録したりしてたのしみにしていました女のみち。

漂泊、もっと超越~、と客席において男女差を感じる舞台がちらほらあったのだけど、このときはなぜかそれを感じずに観られてよかった。思ったよりエンタメ感が強くて、刺さるテーマではあれど重く受け止めきらずに観れました。

下ネタが苦手ですぐ真顔になりがちだけど、この下ネタは平気だったな~。

女性ばかりの空間がすごくすきだ、というところにわりと帰結するのかもしれない…。

 

0530:SPECTER DVD発売イベント

・SPECTERのDVD買いついでに軽い気持ちで発売イベントに募集したら、最後の接触がめっちゃ長いしみんな対応よくてヒェッ…ってなった。トークは作品の話より末満さんの話が多かったかもしれない…?

土屋シオンさんに「根本宗子行きました~」って言ったら聞き取れなかったみたいで手を握ったまま「ん~?」って首かしげながら顔寄せられたのが、このひと…一定の層の女の子をいっぺんに骨抜きにできるひとだ…ってかんじがしてすごかった…。

あの握手会の長さならなに言うかきちんと考えてから行くべきでした、みんなごめんね…。

 

0530:恋するブロードウェイ

・いっぱい歌って踊って楽しいよ~! って言われてワーイってチケット取りました恋ブロ、そのとおりでたのしかったです!

バレエ経験者の動きがとてもすきなので、三浦くんの動きもとってもすきで、つい今度の「義経」のチケット取りました…。ロックバレエってなんだろう…。彼を次の不二先輩にぜひ…。

魅せ方を知ってるひとが多いなと思った。内藤さんと法月さんの動きがすきで、大山さんもすごくて、矢田ちゃんはすごくなっててすごかったです。

 

 

◎6月

0603:夏果て幸せの果て

・ねもしゅーせいこは舞台とライブがごっちゃになっててめちゃ豪華だった。大森靖子さんの歌のためだけにお金を払うひとがいるんだから、舞台にあわせて歌ったらそりゃ豪華だぜ…ってかんじ。

人間の感情の機微とかワカラナイヨって顔をふだんしているので、だれかにめちゃめちゃ執着してしまう気持ちがわかるようでわからなくて、というか執着をそのままその対象にぶつけるひとの気持ちがいまいちわからなくて、ぬ~ってなったけど、わたしも他人にめちゃめちゃ執着してしまいがちな人間だってことはわかってるんだ…。

ヒーローショーはいつどこで行われてもたいていたのしいので声を出したい。

わたしだって大好きなひとと手をつないで寝たいし、でもそんなことしたら寝苦しいってこともうすうす想像がつくのでもうだめだ…。

 

0604:ラヴレターズ

・突然決まったみつやさんの朗読劇のチケットをほいほい取りました。

みつやさんはほんとうに役に感情をそわせるのがじょうずというか、心根のきれいなひとなんだなということをとても思った…。あんなに真摯でこの先大丈夫なんだろうか…。みつやさんがみつやさんとしてみつやさんらしく生きて行けるならそれ以上のことはないなとか思ってしまう。

あとはみつやさんの台本をのぞける席だったのが…! 紙が挟んであったり、3色くらいのふせんが貼ってあったり、みつやさんが台本を大事にしているのはブログとかで知っていたけれど、そういうのを見れたのもよかったです。

ひょんなことからみつやさんと初接触イベントでした、知ってはいたけどとてもすてきなひとだった…。

 

0607:CHaCK-UP@大阪(15時/18時)

・東京公演がよすぎたためについチケットを増やしたETL。総選挙翌日でわたしの作画およびメンタルがぼろぼろだった突発大阪遠征…。すきな女の子がめちゃめちゃつらそうでつらくてつらい前日からハッピーしかない今日に飛んだせいで、つらいとたのしいがごちゃごちゃになってて大変でした…。

でも2日間ぎゅうぎゅうスケジュールの大阪ETLで客席がどんどん盛り上がって行くのを感じて(おそらく2日連続で参加していた層がかなりいた)、大阪楽はすごく声も出てたしたのしかったなぁ。

ファンサもらって崩れ落ちてるひとがまわりにいるだけでめちゃめちゃハッピーになれるのでちゃっく現場の爆発的なしあわせ力はほんとうにすごいししあわせだ…。

 

0610:チームライブ青学@東京

・直前に報告親睦会ですよ! と言われてびびってたチームライブ、めちゃめちゃたのしかったです!

初日しか行けなかったので名札大喜利に参加できなかったのが残念だ…。でも3年6組名札つけながら「ギャーーーー不二せんぱーい!!!」ってしてたので名札設定きちんと使えなかっただろうなぁ。

すこし前に1st初演(の再演? Kimeruさんが不二先輩のほう…)をTSUTAYAで借りて見ていて、ドリライ2013とかじゃない本来の文脈の「ライバルな二人」を知ることができていたので、乾のセリフにこれは…もしや…ギエーーーーってなれたのがうれしかったです…。お勉強野郎として今後も過去はもっと掘っていきたい。

この日はアドリブになんとなく無理を感じて、そこでぶりっ子キャラでめちゃがんばってまわしていく菊丸先輩に無理を感じて、れおくんの菊丸先輩は「あざとさを計算でやっている菊丸」に見えるよね…という話を夜遅くに玲奈ちゃん卒業発表ラジオを聞きながらしていたのがなんか印象に残っています…。れおくんの菊丸先輩は知らない女子にもらったクッキーとりあえず喜んでおいてあとで捨てる。

 

0611:cinema staff@名古屋

・1ヶ月前に千葉で観たシネマとくらべて祭りだワッショイ感めちゃめちゃすごくて、メンバーみんな地元だいすきかよ! って思いました。地元だいすきだねみんな…。

わたしにとってtokyo surfは名古屋から出て行ったシネマのことを考えながら名古屋クアトロで聞く曲、というタグ付けがされているみたいで、名古屋で聞くのがいちばんしっくりきてしまう。東京の曲なのにね。

みしまがですます調でやわらかくしゃべるのがめちゃめちゃすきなんだ…。

 

0612:ハンサムな大悟

・女のみち2012再演とか、夏果て幸せの果てとかにフライヤーがはさまってて、かわいくてあらすじが気になったのでさっとチケットをおさえてしまったのだけど、文脈がわからなくてあたまがこんがらがった…。

わたしの前に座ってたひとが、「やっぱりロロは最高だぜ!」というようなことをフライヤーに書いていたり、アフタートークで百戦錬磨っぽい奥様が大絶賛していたりで、演劇はお勉強コンテンツなのだ…ということを考えたり、ほかに観たひとの意見をいろいろ聞いてみたいなと思ったり。

大学かなにかの先輩後輩の劇団のようで、アフタートークの仲良し感に仲間コンプレックスを刺激されて帰ってきてしまったよ。

駒場東大前はおいしそうなごはんやさんとかおいしいパン屋さんとかあるのでまた行きたいです。

 

0612:朱日記

・この語彙の足りなさがやばい2015をかんじた。すごかったとかうつくしかったとかすごいとかしか言えないんだ…。

あとむが汗をかかないさらりとした美少年で人間離れしているかんじは、2nd関東立海の乾柳戦でも汗だくの輝馬さんとの対比がすごいな…と思っていたけれど、今回も汗だくの一慶さんとさらりとした美少年のあとむとの対比がすごかった…。

最後ふたりがあたまをさげてそれぞれ上下にわかれてはけていくとき、ふたりをわかつみたいに火の粉がひらひらふたりの間に落ちていって、それがめっちゃうつくしかったんだよね…。

アフタートークも思ってたよりずっとあとむが一慶さんのおふざけとうまくやってて(あとむにはブログのちょっとまじめなかわいらしい男の子ってイメージがつよくある)たのしかったです。

 

0614:B'z@東京

・味スタ動線がマジマジすっげーわるくて開演までがめちゃ疲れた…。

やっぱり規模がおおきいだけあってセットがすごくて、スロットマシーンのついている車に弟と「ベガス! べガス!」ってはしゃいだりしていました…たのしい…。(仮面ライダードライブネタです)

今回はEPIC DAYもREDもめちゃめちゃかっこよくてちょう盛り上がるアルバムとシングルだったので、ライブにもすごく期待していたのだけど、期待通りのライブでめっちゃたのしかったし、ドルオタの弟と手がシンクロしたり、だんだんわたしたちのドルオタ(ばんぎゃる)ムーブにはさまれた母親がつられていったのもなんかおもしろくてよかったです。ドルオタムーブとばんぎゃるムーブはしばしばかぶる、という持論がある…。

後方ステージでやったBlue Sunshineよかったなぁ…。

あと今までナゴヤドームで観ていたのでスタジアム行ったらステージのとおさがマジ半端なくて稲葉さんがほんと米粒だった…。

 

0619:CHaCK-UP@名古屋

0620:CHaCK-UP@名古屋(12時/15時/18時)

・チャームになってから初の生ミミタちゃっくちゃんELT

ミミタがスリープモードにはいってからちゃっくを推しはじめたこともあって、ミミタのことはいまいちなんとも思っていなかったんですが、生ミミタ、美人だった…ポミィちゃんのこと好きすぎで動揺した…。昼ミミタの絶対零度ファンサの流れ弾くらって撃沈した…。ミナミとカノンちゃんの関係も気になるところですね…。

最後の銀河伝説ワンハーフでポミィちゃん抜きからの大サビ前にミミタがポミィちゃん呼び寄せて7人でのパフォーマンス、やっぱりここはオタクに優しい現場なんだなって思えてうれしかった…!

名古屋はぜんぶ行けたので、地方楽にむけての盛り上がりとかノリのゆれみたいなのを大阪よりも感じられた気がして、それがまたうれしかったなぁ。ラムのラブソング、名古屋楽の「テンマが誰より \いちばん/」をどっかに収録してほしい…。めちゃたのしかった…。

あと、このみじかいツアーでもマルの踊りがさらに(東京の時点でもうまくなってる! と思ったけど)うまくなっていて、ちぇきごでミミタとポミィといても見劣りしないよお~~~!!!! と思いました…。(推しのひいき目かもしれない…)

 

0626:cinema staff@東京

・ツアーファイナルゼップダイバーシティトーキョー! よかった!

今回は序盤からバンドの熱がすごく伝わるツアーで、わたしはシネマに行くといつも後半からうおーってなるタイプなんだけど、はじめからすごく盛り上がれて、たのしかった…。いつもシネマは名古屋+岐阜とか名古屋のみとか、地元だけ観て満足してたので関東でワンマン尺をはじめて観れたのも、新鮮だったなぁ。

アンコールのピアノ入り孤独のルールからの望郷が最高すぎて、望郷のイントロはじまった瞬間死にそうになった…。

 

0627:演劇女子部(夜)

・あゆみんくどぅーさやしがメインと聞いて行きたいな~と思ってたトライアングルが上半期ラスト現場でした。

あゆみんメインとくどぅーメインの2パターン脚本がある舞台で、わたしはくどぅーメインのほうを観たのですが、やっぱり両方観たかった…、という気持ちがつよいです…。スケジュールとチケットの都合があわなくて…。

お姫様のあゆみんがとってもかわいかったしさやしはめちゃめちゃイケメンでした。

 

 

はい、以上です! ここまでおつきあいいただきありがとうございました…。

途中で飽きて文字数すくなるかなと思いきやだんだん加速していったかもしれない…。最近のほうが覚えているから当然といえば当然ですが。

 

せっかく東京に出てきたのだし、たくさんいろいろなものを観て自分の中に文脈をつくる、こういうものがすきでこういうものに心を動かされる、ということがわかるようにする、みたいなのが今年の目標です。

いつか振り返ったときに2015年のことをいい年だったなーと言えたらいいなと思います。

 

と、そんなかんじで下半期も自分なりにやっていきたいです。

読んでくださったかた、ほんとうにおつかれさまでした!